AGA 副作用

AGAや処方される薬の副作用

諦める必要なし?安全で効果的な育毛はありえるのか…

AGAの治療に使用されている薬の成分は、ミノキシジルとフィナステリド。

 

 

通常、ミノキシジルは外用薬として使用され、フィナステリドはプロペシアと言われる内服薬として処方されます。

 

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

 

どちらのAGA治療薬にも起こりうる副作用

 

ミノキシジルには、皮膚の炎症やほてり以外にも血圧低下による副作用が考えられ、動悸を感じる人もいるようです。

 

 

認可されているのは、外用薬のみですが、個人輸入によって内服薬が手に入ることから、使用する人も存在しますが、内服する事で起こる副作用はさらに重篤で、心臓疾患も起こりうると言われている危険な成分でもあります。

 

 

フィナステリドを主成分とするプロペシアには、男性ホルモンの調整作用がありAGAによる脱毛の阻止が可能ですが、この働きにより、主に勃起機能不全や精力減退などの男性としての機能低下の可能性があります。

 

 

どちらもAGAの副作用があり、薬の使用をストップしたとしても症状が残る場合があり、注意が必要です。

 

参考:ミノキシジルは危険!?効果と引き換えに副作用に悩むことになるかも

 

参考:プロペシアを使う?使わない?深刻な副作用にも注意すべき

 

 

未認可の医薬品を個人輸入する事の怖さ

 

AGAを緩和するために効果的な2種類の成分。この両方が、個人輸入での購入が可能な状況でもあります。

 

 

脱毛を阻止したいと言う思いからその効果だけに注目し、認可されていない薬だったとしても、AGAに効果があるとされる医薬品と言う事だけで、使い始める人や購入を考える人もいます。

 

 

しかし、これらの医療品は本来、医師の指導のもと体調管理やその後の経過などを観察しながら使用する必要がある物。また、必ず存在する副作用の説明をしっかりと受けておくことで、ごく初期の副作用の症状に気付く事ができるのです。

 

 

自己責任での使用ではあるものの、もしも副作用の症状が出た場合にも、日本で認可されていない薬を使用した事での症状は、その治療法が把握されていない可能性もありえ、場合によっては長期に渡り症状に悩まされる可能性もあるのです。

 

【厚生労働省】医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

 

 

副作用のない育毛手段はないの?

 

育毛剤としてはリアップが真っ先に思いつくかもしれませんが、リアップは副作用の起こりうる成分のミノキシジルが配合されている医薬品のため、いくら高い効果があったとしても安心して使用可能とは言えないでしょう。

 

 

副作用の心配がほぼ無い医薬部外品の育毛剤には、いくつかの種類があり、それぞれに効果が得られる可能性のある成分も配合されています。

 

 

中でも、ブランデルやポリピュアEX、M-1ミストなどの、どの育毛剤よりもさらに多くの育毛効果を見込める成分を配合し、ブブカよりも低価格で使用可能な「チャップアップ」がオススメ。

 

 

リーズナブルでありながら、ミノキシジルやプロペシアと同じ作用が安全に得られる可能性を含む44種類の成分を配合し、多くの成分の相乗効果によって育毛促進が可能でしょう。併せて扱われているサプリメントと併用すれば、より効果も高くなる事が期待できます。

 

AGAや処方される薬の副作用記事一覧