AGA 治療

AGAの治療/ジェネリックでも副作用の完全回避は不可能
薄毛 育毛剤AGAの薬 > ジェネリック

AGAの治療 ジェネリックでも副作用の完全回避は不可能

AGAの治療に使用される薬はいくつかありますが、ジェネリック医薬品なら価格を抑えて使用できるため、ありがたいですよね。

 

 

AGAに対して効果があるジェネリック医薬品は、日本の病院で医師が処方する物だけでなく、個人輸入などで手に入れることができる物も含めて言われることが多いようですが、実際はジェネリック医薬品とはいえない物も多くみられます。

 

 

プロペシアのジェネリック医薬品とは

 

医師の処方がされるAGA治療のジェネリック医薬品には、プロペシアのジェネリックとして扱われる医薬品があります。

 

 

正規販売のジェネリック医薬品では、日本製のフィナステリド第一号として「ファイザー」が販売されています。AGA治療薬のジェネリックとして日本薬事法が適応される医薬品と言うことになり、これは日本初です。

 

 

プロペシアと全く同じ成分を持つため、効果もごく近いと言えますが、製法の違いはあると考えられ、また利用者データも乏しいため全く同一とは言えないとも考えられるでしょう。

 

 

期待できる効果は、男性ホルモンの調整による男性型脱毛の進行を遅らせる効果。脱毛を阻止することは可能ですが、発毛という視点では大きな期待はできないとも言われています。生えてくる毛髪に対して抜けていく量が少ないため、結果的に髪が増えると言ったメカニズムでしょう。

 

 

ジェネリックと言われる事もある、フィンペシアやフィナロはインド製。インドでは薬事特許に関係なく流通することが可能なため実現していますが、実は正規のジェネリック医薬品ではなくて類似品とも言える物です。

 

 

また、日本製フィナステリドのファイザーは必ず医師の処方が必要なのに対して、フィンペシアなどは自己責任で個人輸入が可能という違いがあります。それに伴い、価格の違いもあるでしょう。

 

 

当然、ジェネリックでも副作用がある

 

様々な薬がジェネリックと言われ、プロペシアよりも安価に手に入れることが可能な物もありますが、プロペシアやその他、ジェネリックと言われる薬の成分であるフィナステリドには副作用があり、それはジェネリックでも同じ事が言えます。

 

 

フィナステリドには性欲減退、ED、精子減少、女性化乳房、食欲不振やうつ、倦怠感などの副作用、また後遺症として症状が残る場合があると言う報告もされています。

 

参考:フィナステリドの副作用で体の機能低下!大切なのは育毛だけですか?

 

 

AGA治療は、生命の危機を回避するために、仕方なく副作用のある薬を飲むのとは訳が違います。このような副作用が起こる可能性があっても、飲み続ける価値があるのでしょうか。

 

 

効果があり、副作用のない育毛剤を試そう

 

AGA治療薬でも、完全に髪が生えフサフサになる訳ではありません。大きな個人差があるのです。なぜなら、脱毛や薄毛の原因はたくさんの要素が重なり合って起こっている場合があるからです。

 

 

血行不良や男性ホルモンの影響以外にも、頭皮の環境や栄養不足などが考えられます。それらを総合的にサポートする事ができる可能性があるのがチャップアップ!試してみる価値があると言っても良いでしょう。

 

 

チャップアップ

 

⇒効いたのはコレ!育毛剤ランキング

AGAの治療/ジェネリックでも副作用の完全回避は不可能関連ページ

ミノキシジル
AGA治療薬の一種「ミノキシジル」の副作用について調べてみました。薄毛に悩む人は、治療薬には副作用があることを知っておくことが大切です。
プロペシア
プロペシアの副作用を心配されている方も多いのではないかと思い調べてみました。薄毛治療で発毛の効果が高いという治療薬ということですが、あなたならプロペシアを使う?使わない?
フィンペシア
フィンペシアの副作用はどうなの?AGAに効果があると言われているのですが、実は厚生労働省の許可を受けておりません。そんな薬のフィンペシアの副作用を調べてみました。
ミノタブ
ミノタブにはどんな効果あるんでしょうか?飲む育毛剤と言われています。塗るタイプのミノキシジルと違い体内に取り入れるので副作用には注意したほうがいいです。そこでミノタブの副作用についてまとめてみました。
リアップX5
リアップX5は発毛効果が高いと唯一認められた発毛剤です。CMなどでも宣伝しているのでご存知の方も多いいかと思います。こちらでは、リアップX5の成分による副作用はどうなのか調べてみました。
フィナステリド
フィナステリドの副作用について調べてみました。AGAの治療薬として薄毛の効果が高いことでしられているますが、その副作用についてはあまり説明されていない事が多い。はたしてどうなんでしょうか?
AGA治療薬
AGAの治療薬には副作用があるのか?まとめてみました。しっかり処方薬について知ったうえで使用しましょう。
プロスカー
プロスカーの副作用ってあるのか調べてみました。AGA治療薬の中でもフィナステリドの含有量がプロペシアよりも高いので服用する前に事前確認が必要かも。
デュタステリド
デュタステリドは副作用も心配されているAGA治療薬の一つになります。1型5αリダクターゼの阻止ができるとして処方されていますが果たしてどうなのか・・・まとめてみました。
ロゲイン
ロゲインが気になるところですが、ミノキシジルを主成分にしている外用薬ですので副作用が心配ですね。認可されていない育毛剤なのでご注意ください。
エフペシア
エフペシアはプロペシアより低価格で効果もあることで使用したいという人がいるかと思いますが、その前にこのページで、エフペシアの副作用についてしっかり確認してください。
フィナロ
フィナロにも副作用があるらしい。AGA治療薬で名のしれているプロペシアと同じ成分があるようです。やはり気になりますね。フィナロの副作用を調べてみました。
フィナバルド
フィナバルドはAGA治療薬のひとつなのですが、知らない人も多いいのではと思います。実は、日本では認可を受けていない内服薬になります。そこで心配になるのがフィナバルドは副作用があるの?ということになると思いますのでまとめてみました。
カークランド
カークランドはジェネリック医薬品ということで安価で手に入るAGA治療薬です。しかしながらカークランドも副作用のある薬になっています。安易に手に入れて服用はしないようにしてください。
ミノキシジルタブレット
ミノキシジルタブレットの副作用はどうなのか調べてみました。ミノキシジルの内服薬版になります。ですので基本は同じですね。ということはミノキシジルタブレットも副作用があると言うことになります。使用には知っかりとした医師にご確認することをおすすめします。
ロテニン
ロテニンは他のAGA治療薬にも使われているミノキシジルが配合されています。しかし副作用もしんぱいされている薬でもあるんです。