頭皮 赤い

頭皮が赤い状態と薄毛の関係性
薄毛で悩む人にお薦めする育毛剤はコレ! > 頭皮が赤い状態と薄毛の関係性

頭皮が赤い状態と薄毛の関係性

手鏡などで頭皮の状態を見てほしいのですが、頭皮が赤い状態になっていませんか?この際に皮膚が赤みを帯びている場合は要注意となります。

 

 

なぜなら、赤い場合は“血流低下”していて“炎症を起こしている”状態であり、このような状態では、血流不足によって頭皮へと栄養や酸素を届けることが出来ませんし、炎症を起こしてしまうようなヘアケアを行っているということなので、それによって頭皮環境を正常に保つことが出来ません。

 

 

結果、畑でいうところの土壌と水などが十分ではない状態となるので、1本1本の髪の毛が栄養不足から細くて短いなど少しの刺激でも抜けやすい髪の毛となって髪のボリュームが失われて、さらに悪化することで髪の生成も不能となって薄毛に発展してしまいます。

 

 

尚、血行不良や頭皮環境の悪化とどちらか一方であっても、放置しているとやがて抜け毛や薄毛に発展してしまいます。

 

 

こうならないためにも、早めに下記の対策を行いましょう。

 

 

●コレステロール値を下げる

 

頭皮の血行不良による赤みとコレステロールというのは繋がっていることが多く、メタボなど血中にコレステロールが増えてしまうと、血液の流れが悪くなって頭皮の血流が低下してしまいます。

 

この場合、食事の量をコントロールしたり、適度な運動を行ったり、ストレスを解消したり、アルコール・タバコを控えるということが対策として挙げられますが、全部は行えないと思うので飲み物を緑茶に変えるという方法が一番お勧めです。

 

こちらは、緑茶に含まれているカテキンがコレステロールの減少に働きかけるもので、実際に緑茶を多く飲む方ではコレステロール値が低いということが解っています。

 

 

●正しいケアヘアを行う

 

まず、頭皮が赤く炎症を引き起こしてしまうヘアケアとしては下記の3つが考えられます。

 

  • 洗浄力の高い石油系のシャンプーの使用で根こそぎ皮脂が取り除かれている
  • すすぎの時間が足りずに毛穴にシャンプーや皮脂汚れなどが残っている
  • 添加物多めで肌への刺激になる育毛剤の使用を行っている

 

これらのことから、炎症に発展して最後は薄毛に繋がってしまうために、こちらとは逆のことを行うことが大事です。

 

 

具体的には、「適度な洗浄力があるアミノ酸系シャンプーの使用」「すすぎは洗った3倍の時間をかける」「添加物フリーの肌に優しい育毛剤を使用する」ということになります。

 

 

頭皮の血行不良を改善することが再優先です

 

頭皮が赤い状態というのは、抜け毛・薄毛に繋がるような『血行不良』『頭皮環境悪化』の表れなので、育毛するためにはこちらを今すぐに改善する必要があります。

 

 

⇒効いたのはコレ!育毛剤ランキング

 

 

スポンサードリンク