育毛剤 併用 副作用

育毛剤の併用は余計薄くなる?副作用に早めに気付けるように
薄毛で悩む人にお薦めする育毛剤はコレ! > 育毛剤の併用は余計薄くなる?

育毛剤の併用は避けないと余計薄くなる

育毛剤は含まれている有効成分が非常に多く、チャップアップは50種類、ブブカは33種類近くの成分が配合されています。中には重複する成分もあり、併用しても心配はなさそうですが、溶液の差や干渉することを考えると併用はできるだけ避けたほうが良いです。

 

 

効果が大きくなりすぎると患部への刺激が強すぎて、肌荒れを起こしてしまうこともあります。シャンプーの仕方を誤って肌に傷をつけて使用すれば傷口が生んでしまうこともあるので育毛どころではなく、髪の毛をそって治療しなければいけなくなる可能性すらあります。

 

 

育毛剤は正しく利用すれば効果はありますが、量を多く使いすぎたり、誤った使い方をすれば副作用が出てしまうので注意しましょう。もちろん、目に入ってしまったり、耳に入ってしまったりするのも危険なので使い方は守って育毛に挑戦しましょう。

 

 

副作用に早めに気付けるようにすべし

育毛剤を初めて使用する方は、頭皮ケアや肌ケアもあまりしたことがない場合が多いため、副作用がどういう状態なのか先に知っておく必要があります。

 

 

使い始めはひりひりしたり、少し熱く感じたりするものですが、初期の感じ方も副作用だと思って使用をやめてしまうと意味がないので、必ず鏡を使用して頭皮が赤くなっていないことを確認しながら育毛剤を利用しましょう。

 

 

副作用が出ているとまずは肌が赤くなってくるので、目視で色の変化が確認できて、赤い状態がずっと続く場合はアレルギーや肌トラブルが起きたと考えられます。代謝をアップさせるチャップアップや頭皮に栄養を補うブブカは、両方とも肌への働き掛けがある成分なので刺激を感じるのは事前に理解しておきましょう。

 

 

痛みやピリピリする耐え難い痛みがある場合には、早めに水で洗い流して使用する量を少なくしたり、シャンプーの仕方を変えてみたりする工夫も大切です。

 

 

効果は長く使わないと出てこない

育毛の効果は、育毛剤を2か月から3か月は使用していないと実感するのは難しいでしょう。

 

 

最初は頭皮の洗い方や肌ケアの仕方だけでも苦戦する場合が多く、初めの1か月で生活習慣を改善できる可能性も低く、効果もフルで発揮されていないかもしれません。

 

 

育毛剤の効果を生かせるくらいに使いこなせるようになるのが1か月を過ぎたころなので、長く使い続けることはとても大切です。

 

 

食生活、喫煙、飲酒などの工夫も必要で総合的に色々と変えていくためには時間がかかることを理解しましょう。育毛剤だけを使って育毛や発毛がうまくいくことはないので、肌ケアを必ず忘れないようにしてください。

 

 

⇒効いたのはコレ!育毛剤ランキング

 

 

スポンサードリンク