頭皮 かゆみ 薄毛

頭皮のかゆみと薄毛の関係性
薄毛で悩む人にお薦めする育毛剤はコレ! > 頭皮のかゆみと薄毛の関係性

頭皮のかゆみと薄毛の関係性

頭皮のかゆみが薄毛に生じる場合もあるそうです。このような場合、頭皮環境が乾燥または脂性の状態になっていることが多いです。

 

 

これらの状態というのは、下記のように薄毛に発展してしまいます。

 

 

●乾燥【頭皮を触った際にカサついていて油分が感じられない】

 

頭皮が乾燥している場合は、水分が足りない状態でいて、バリア機能が低下している状態でもあります。

 

このような状態では、外部からのアレルギー物質などを防ぐことが出来ないことから、そちらの影響によってかゆみの原因であるヒスタミンが活性化されてしまいます。

 

そうなると、かゆみによって頭皮を掻くことで頭皮の皮が剥がれてしまって、そちら<フケ>が毛穴を塞いでしまうことで、毛髪のヘアサイクルが阻害されて抜け毛や薄毛に繋がってしまいます。

 

尚、この状態をひこう性脱毛症と呼びます。

 

 

●脂性【頭皮を触った後の指が湿っていたりなど油分が感じられる】

 

脂性の場合は、皮脂が過剰分泌されている状態なために菌が繁殖しやすく、乾燥とは違って常在菌であるマラセチア菌の過剰繁殖によって、かゆみや炎症が生じてしまいます。通常の数であれば、頭皮で悪さをすることはなく、頭皮の新陳代謝を向上するなどの作用があります。

 

このような状態が続くと、毛穴に皮脂が詰まりやすいことから毛髪の成長が滞るだけではなく、マラセチア菌の皮脂分解の際の炎症によって毛根自体が傷ついて薄毛に繋がることもあります。

 

ちなみに、こちらに関しては脂漏性脱毛症と呼ばれます。

 

 

上記の通り、頭皮のかゆみがやがて薄毛に発展してしまうために、かゆみというのは薄毛のサインとも言えます。

 

 

このようにならないためにも、早めに対策することが大事ですが、乾燥や脂性など頭皮環境によっても使用した方がいい育毛剤というのは違ってきます。

 

 

まず、乾燥の場合は水分量を上げてバリア機能を向上させることが大事なので、保湿作用を多く含む育毛剤が良いでしょう。

 

 

一方、脂性の場合は菌の繁殖を行わせないためにも皮脂抑制はもちろんのこと、抗菌・殺菌作用が多くある育毛剤がお勧めです。

 

 

かゆみは放っておくと遅かれ早かれ薄毛の原因に

 

頭皮のかゆみというのは、頭皮環境が悪化している状態であり、どのような頭皮環境であっても最後は薄毛を招く結果となってしまいます。

 

 

そのため、早めに育毛剤で対策することが大事です。ちなみに、乾燥と脂性では使用する育毛剤というのは変わってきますが、肌の刺激にならないような無添加の育毛剤を選ぶという点は同様となります。

 

 

⇒本当に効いたのはコレ!育毛剤ランキング

 

 

スポンサードリンク