育毛剤 使い方

効果を最大限に引き出す!育毛剤の正しい使い方
薄毛 育毛剤 > 育毛剤の正しい使い方

効果を最大限に引き出す!育毛剤の正しい使い方

育毛効果を実感するためには、効果を最大限に引き出すには、育毛剤の正しい使い方を知る必要があります。下記のような手順による使用方法がお勧めです。

 

 

洗髪前にクシでしっかり髪の毛をとかす

洗髪時に毛穴汚れなどをしっかりと取り除くためにも、毛穴汚れを押し出すことが可能なクシで一通り髪の毛をとかしましょう。この際、やさしく地肌に付けながら頭皮全体をとかして下さい。

 

 

換気扇を切った状態のお風呂場で洗髪する

換気扇を切った状態のお風呂場で洗髪することが大事で、こちらは毛穴を開かせて汚れなどを取り除くために重要なポイントとなります。

 

 

ぬるま湯でしっかり汚れを落とす

洗髪方法ですが、まず汚れ等を落としやすくするためにも、38〜40度のぬるま湯のシャワーを1〜2分程頭皮全体にあてます。その後、シャンプー剤を手に出してしっかりと泡立てて頭皮に付けて、汚れを揉みだすように爪を立てずに頭皮をマッサージしていきます。

 

 

すすぎは洗髪した時間の3倍を意識する!

頭皮全体をマッサージし終ったら、洗髪した3倍の以上の時間をかけてすすいでいきます。

 

 

トリートメント剤は地肌につかないように注意!

すすぎの後は、トリートメントやコンディショナーを使う方も多いですが、なるべく地肌には付けずに、すすぎを念入りに行うことを忘れないで下さい。こちらが行えないと、せっかくの育毛成分が毛穴に入っていかずに効果が得られなくなってしまいます。

 

 

低温で髪の毛を乾かす

タオルドライ後、ドライヤーを使って髪の毛をしっかりと乾かします。この際、軽い火傷を引き起こさないためにもなるべく地肌から離して乾かしていくことが大事です。

 

 

育毛剤は毛穴の置くまで押し込むように!

 

お手元の育毛剤によっても方法は異なりますが、基本的には少量ずつ頭皮全体に染み込ませていきます。この際、育毛剤を毛穴の奥まで押し込むようにマッサージを行うとより浸透させやすいです。

 

 

染み込ませた後は育毛剤が外に出てしまわないためにも、マッサージやクシでとかすなどは行わない方が良いでしょう。

 

 

以上の流れで育毛剤を使用することが良好で、時間としては夜の20〜21時に行っておいて、22時には就寝した方が良いです。

 

 

育毛成分が毛穴に浸透してそちらが有効的に作用するのは、ゴールデンタイムと呼ばれる22〜2時までだからです。

 

 

このように、育毛剤の効果を最大限に引き出すためには、使い方はもちろん使用時間といったことまでも守る必要があります。

 

 

ちなみに、夜だけではなく朝も育毛剤を使用する方がいますが、使用前の朝シャンは過剰な洗浄での抜け毛や薄毛に繋がるためにお勧めできません。使用する場合は蒸しタオルで頭皮を拭き取って毛穴を開かせた後に育毛剤を使用してください。

 

 

⇒効いたのはコレ!育毛剤ランキング

 

 

スポンサードリンク

多くの生えない育毛剤がこの2タイプ


育毛剤といってもそれぞれ配合している成分と量が違うということをご存知でしたか?「育毛剤として販売されているのだから有効成分はちゃんと入っているはず」と思っている方は危険です。

 

有効成分が含まれていたとしてもほんの微量だったりすることがザラなのです。薄毛に効果のある成分をしっかり覚えて、購入する際にしっかりチェックするようにしましょう。

 

 

頭皮に悪い成分の配合が多い!

「育毛剤」ですから、読んで字の如く育毛するための有効成分がたくさん含まれていると思っている方がほとんどだと思いますが、実は頭皮に悪影響を与える成分が配合されている育毛剤が多く存在します。

 

石油系界面活性剤やシリコン、パラペン、合成ポリマーなどが代表的で、これらは使用時の爽快感や手触りを良くするために配合されていますが、頭皮のかぶれやかゆみなどの原因となり、当然これらは頭皮に悪影響を及ぼします。
爽快感なんかよりも育毛効果を重視したいという方は頭皮に悪影響な成分を覚えておきましょう!