リアップ 副作用

ミノキシジル(リアップ)の副作用
薄毛 育毛剤 > ミノキシジル(リアップ)の副作用

「ミノキシジル(リアップ)の副作用について

医薬品のリアップにも副作用になりうる有効成分のミノキシジルが配合されています。

 

 

このミノキシジルというのは、血管拡張作用があって、それによって血行が促されて髪の毛に酸素や栄養を送ることができます。

 

 

このような血行促進作用によって、育毛に働きかけることができますが、こちらを使用したことで下記のような副作用が生じています。

 

 

●皮膚疾患等

 

発疹、かぶれ、痒みといった、皮膚疾患がメーカー側に報告されていて、こちらはミノキシジルではないのですが、リアップに配合されているブチレングリコールが原因となっています。

 

このブチレングリコールは、浸透性を高めるために配合されているのですが、アルコールの一種でいて脱脂性が高くなっているので、それによって乾燥が生じやすくなるために、上記のような症状が生じてしまいます。

 

また、人によっては頭皮が油っぽくなると感じる方もいて、こちらもアルコールの脱脂性による過剰皮脂分泌が原因となります。

 

他にも、これらのことが原因となって、頭皮環境が乱れて使用前よりも抜け毛が増えたということも実際に報告されています。

 

ちなみに、これらによる薄毛の種類ですが、乾燥を伴うひこう性脱毛症と皮脂によって菌などが繁殖する脂漏性脱毛症になります。

 

 

●動悸、胸痛、息切れなど

 

ミノキシジルは、血管拡張によって血行促進を行うのですが、その際に体が慣れていないと体の血流が一時的に上がることで心臓に負担がかかって、動悸や胸痛や息切れが生じることあります。

 

他にも、これらによってめまいや頭痛といった不調が引き起こされることもあります。

 

 

以上のような副作用が報告されていますが、特に皮膚疾患等の副作用が非常に多くなっていて、男性よりも女性の方がその傾向が見られることが解っています。

 

これらのことが懸念されているからか、リアップの注意書きには、過去にアレルギーを生じたことがある人、高血圧、低血圧、心臓または腎臓に障害がある人などいくつもの項目があり、それらの方の使用は医師への確認が求められています。

 

参考:ミノキシジルは危険!?効果と引き換えに副作用に悩むことになるかも

 

 

発毛・育毛効果は高いが副作用が強いというのが結論

 

ミノキシジルが配合されたリアップは、有効性が高いと言われていますが、上記のような副作用が報告されているので検討している方に安心して薦めることはできません。

 

 

加えて、現在使用していて症状が起きていない方にも、肌に刺激を与え続けることで突然肌の機能が低下して皮膚疾患等を起こすこともあるので、なるべく使用を避けた方が良いと言えます。

 

 

⇒効いたのはコレ!育毛剤ランキング

 

 

スポンサードリンク